wed005_edited.jpg

婚礼写真

​その一瞬を永遠に。

1990年代後半の都市部にて、ある撮影会社(以降、A社と表記)によって、

ブライダルの世界でスナップ写真の撮影が行われるようになります。

それまでにも、結婚式を「記録」するための写真はありましたが、

A社は、その場所、その時間を含めた空気感までをも、

切り取るようなウェディングスナップを撮影します。

それは瞬く間に業界のスタンダードになっていきます。

当社、メインフォトグラファーの石原ミチは、

2005年にA社に入社、北関東の結婚式場にて、

そのスタイルを確立したメンバーの1人。

1500組以上のご夫婦が誕生する瞬間に立ち会い、新郎新婦・親族・友人と、

その場にいるそれぞれの立場の目線で、2度と同じ瞬間の訪れることのない

その時を永遠の宝物へとかえてきました。

ライフステージの変化に伴って独立、

現在もA社とのお取引はあるものの、

様々な会場での撮影も可能となり、

撮影の幅が広がっています。